Free and Easy


by syuntaro250
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

車ぶつけられる


a0005233_1003443.jpg
昨日、見通しのいい道で、普通にオデッセイで走ってたら
横の細い路地から、赤い車が頭だけ出してる。
その後ろにも車がいて、出たそうな感じがありあり。

向こう側は一時停止だし、こちら側は巾の広い優先道路。

まさか出てこないだろうと思いながらも

自分も急いでいたので、念のため、クラクションでそのまま走る。

そしたら、あろうことか、その車、ぼくのオデッセイ君の左バンパーに
側面から激突。

「ガシャン!」とけっこうな衝撃。







こちらは30kmくらいは出ていたので、もうよけようがなかった。

「やられた」

ぶつけた車を見ると明らかに「しまった」

って顔の女性が見えた。


すぐに警察に連絡。

車から「すいませーん」と30歳過ぎくらいの意外に若い女性。

車の中には子供が2人も乗っている。どうやら、買い物に行く

途中だった様子。

自分、かなり頭にきていたが、相手が女性だったので精一杯落ち着いた口調で

「とりあえず、怪我ありませんか?」

「クラクション鳴らしたの聞こえませんでした?(怒)」

と聞いたがあせっていて、ぜんぜん聞こえなかったらしい。

というより、クラクションを自分の後続車から鳴らされたのか、ぼくに鳴らされたのか

まったくわかってなかったみたい。

こんなこと書くと、女性に反感買いそうだけど、なにかに気をとられたり

あせったりすると思いもよらない行動に出るタイプは、女性のほうが多い気がする。

(中には、スキーやイベントでたまに車出ししてくれるYちゃんのように、

安心して運転任せられる人もいるけれど。) <フォロー>

あのシチュエーションで、横から出てくるなんて普通は考えられない。

まあ、自分にも反省点はある。時間とキモチに余裕のあるときだったら、

そういう挙動不審の車がいたら、いったん止まってパッシングして
譲ってやれば事故にはきっとならなかっただろう。それをしなかった自分にも
少しは責任はある。

それと、やはり自分も「かもしれない運転」をしてなかったこと。

その後、T警察に行き、事故の状況説明。

相手の子供も二人ついてきたが、この子達がまあうるさいこと。

うるさくてぜんぜん状況説明できなくて、そのうちに上の子が下の子を

いじめたらしく、下の子が大声で泣き出した。

当事者女性も、いらいらしていたのか会議室で子供に大声で叱る。

まあ、自分が起した事故で子供にも迷惑かけてるわけだから

仕方ないのにな と思った。


警察官もたまりかねて「誰か見てくれる人呼べませんか?」とひとこと。

この警官がけっこう余計なことをいろいろ言う面白い人で

「うちも男の子が3人で大変だったよ」とか。


衝撃の割には破損はたいしたことなくて、またお互い幸い怪我もなく

自分と相手のバンパーを総取替えすれば済みそうな感じ。

保険屋さんに聞いたら過失割合は1:9くらいだそうです。

自分としては、1の割合も納得行かないけれど、そういうものらしい。

車同士の事故は、免許とって以来初めてです。

痛いのは、バンパー総とっかえすると折角掛けたカーコートを、修理した
その部分だけやり直さなきゃならないこと。これは仕上がるまで4回G.Sにいかなければ
ならず、けっこう面倒なのです。費用は保険でおりるらしいけれど。
[PR]
by syuntaro250 | 2007-02-28 09:25 | アブソルート