Free and Easy


by syuntaro250
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

鳥肌ものでした(男子体操)

男子体操28年ぶりの金
a0005233_023621.jpg
←富田選手のコールマン

ちょっとだけ見て寝ようと思ったんですが、あまりに
緊迫していたので、ついつい朝まで見てしまいました。
でも、起きていたかいがありました。

最後種目のの鉄棒での3人の演技、見ているこちらにも
緊張感がびんびん伝わってきました。
メダルを意識した最終演技ででライバルのアメリカ、ルーマニアが
思った演技が出来なかったのに対して、3人とも最高の
演技でした。

特に、最終演技者のサッカー柳沢にどことなく雰囲気が似てる富田選手。
あのプレッシャーの中9.85という高得点、鳥肌ものでした。
各国、自分の国の仲間、観客すべての見守る中の離れ業、コールマン
を決めてのビタ着、本当に凄かった。

いや、いいもの見せてもらいました!
体操のことはあんまりわかりませんが、米田、鹿島、富田選手は
個人総合や、種目別でも期待できそうです。

追記:
そういえば、跳馬の演技でスキーエアのバック50(ミスティ540+バックフリップ)を
伸身にしたような技や、後ろ向きで飛ぶフェイキーインのひねり技とかあって「おぉ!」
と思いました。こういうことやってる選手が、エアとかやったらすごいだろうなぁ。
[PR]
by syuntaro250 | 2004-08-17 07:09 | 旅行記・音楽その他雑文