Free and Easy


by syuntaro250
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

虫を食べる人びと 

a0005233_03721.jpgもし、無人島で木が一本あって、そこには、たくさんのまるまる
太った芋虫がうごめいている。他には食べるものは何も無い.....

そんな状況だったら、おれたち日本人はそれを口にすることが
できるか?

以前にTV番組で、樹木の穴から10cmほどもある丸々太った
白い芋虫をつまみ出して、それを生きたまま口に「ポィ」

こんなショッキングな映像を見てそれが脳裏に焼きついていた。
たまたま調べものがあって、図書館に行った時に返却棚に
この「虫を食べる人びと」のタイトルが目に付き、つい怖いモノ
見たさで借りてしまった。(三橋 淳編著 平凡社)

読むと、日本にも昔から食虫の文化はあったらしく食べていた種類の
昆虫は55種類にものぼるそうだ。
よく見る「イナゴ」をはじめとして、「ザザムシ」「カイコのさなぎ」「ハチの子」
は聞いたことがあるが、「カミキリムシの幼虫」「ゲンゴロウ」
「せみのからあげ」などには正直驚いた。
中でも、カミキリムシの幼虫は、甘味があって旨いらしい。

他にも中国、アフリカなどさまざまな国での昆虫食が紹介されている。
これら昆虫の中には肉に匹敵するほどのたんぱく質を
持つものもあり、これを貴重な蛋白源としている地域も世界中に
あるということだ。

自分が印象に残ったのが、タイでよく食べられていると言う「タガメ」
ゴキブリをでかくしたような 10cm近くある水生の昆虫で、
カエルや魚を襲って食べたりする害虫だ。カメムシを大きくしたようにも見える。

なんでも雄に芳香成分があるらしく、ナンプラーで煮られたり
からあげにされたりして、庶民に普通に食べられているらしい。
自分もタイには行ったことあるが、これは見なかった。
ナンプラーに漬け込んだ「タガメ醤油」なるものも売っているようだ。
タガメ印の「タガメ醤油」 なんてあるかな?

ちょっとこれ読んで、から揚げひとかけらならチャレンジしてみたいかな?
と思った。(ほんとか

もしも興味ある人は虫を食べるはなしというWEBコラムにも詳しく出てるので読んでみてください。

追記  関連記事トラックバック

アメリカでは食品昆虫混入は許されてる?
[PR]
by syuntaro250 | 2004-05-17 23:26 |